2006年09月24日

アリーナFX

為替取引ならアリーナFX


FX。外国為替証拠金取引のことです。外国為替というのは、よく夜のニュースなんかで「今日の外国為替市場は1円25銭、円高ドル安の・・」と言ってるあれです。いくばくかの証拠金(担保)を証券会社に預け、ドルを買ったりユーロを売ったりする取引を行うというやつです。

例えば、1ドル当たり125円の時にドルを買っておいて(ドル建て)、1ドル126円に値上がりした時に売れば、1ドル当たり1円の儲けです。(実際は手数料がかかります)

それでも株式の取引とは違い、証拠金の数10倍とかの取引が出来ることがFXのメリットの1つ。株式ではせいぜい担保の3倍程度ですから、一気に大金を取引して大もうけすることもできるのです!

そして何と!スタッフが女性のみのFX『アリーナFX』では証拠金の200倍までの取引が出来るのです。日本最大級です。例えば、300万預けて6億円分のドルを買って、ちょこっと値上がりしたら売れば、それだけで莫大な利益です。実際そうやって大金持ちになった人もいるらしいです。

しかも、24時間体制で世界の為替相場の情勢が見られるというのもポイント。為替というのは24時間、世界のどこかで取引されています。これを見逃すと非常にもったいないというチャンスも、世界のどこかで日々生み出されています。

24時間体制で相場の状況を見ることが出来れば、いつでもチャンスに乗り、時にはピンチから脱出することも出来るわけです。

ところで、スタッフが女性のみのFX『アリーナFX』では、30日間の無料試用期間が設けられています。初めてでちょっと自信が・・・という人は、こちらで実験してみましょう。

さて、それでは私のフリートライアルを使ってみた感想をアップしておきます。私は株は少し経験あるのですが、FXは初めてです。結果を言ってしまうと、今回は惜敗でした。

1ドル当たり116.78円でUSD10000買った。チャートの形を見て判断した所、次のように考えた。底を打ってから既にやや値上がりしてしまっている。値上がりが終われば、次に来るのは値下がりである。しかし、まだそこまで値が上がりきってはいないようにも見える。故に、ここはまだ値上がり継続中であり買いチャンスと見て、USDの買いを入れるべきだ。

ついでに、同時刻のEUR/USDもチェック。滅茶苦茶動きが激しいチャートのようだなあ。今はけっこう高値にあり、買いは危険と判断。しかし、ここ数日のチャートを見ると、売りを入れていい基準まで値上がりしきってもいない。チャートから判断して、大体1.277付近まで値下がりすれば、買いを入れると決めた。

FXでは、買いからでも売りからでも入れることがポイント。要するに、チャートをみてこれから上がる!とみれば買えばいいし、下がりそうだなあと思えば売りから入ってもいいのだ。売りから入った場合は、下がればその分が利益になる。勿論買いから入った場合は上がればその分が利益になる。従って、下がるかもしれない・・・と危惧しながら無理に買いから入って、その結果やっぱり下がって損してしまった・・・ということがないのだ。下がると思えば、素直に売りから入ればいいのである。

しかし、USD/JPYは、さっき116.78円で買ってから何か下がってきている・・・。やばいなあ。今116.71円だ。直近底値である116.55円を下回ったらそのまま底なしに下がり続けそうだから、売ってしまおう、と決めた。

こういうのは、ダメだと思ったらすっぱり手放すのが大事なのだ。

下図はフリートライアルの途中経過。既に赤字。



それにしても、EUR/USDはなかなか落ちてこないな〜・・・買えないではないか。しょうがないから少しだけ買ってみるか。直近高値と現在値が同じくらいなのが気になるが・・・ポチッ(←ボタンを押した)。1.2827で10000買い。

それにしても、この売買ツールは見やすい。自分の持っているポジション(売り買い中の為替)や、その為替の現在値なども一目で分かる。更に、現状の損益(いくら得しているか、損しているか)も一目瞭然で分かるから、得していれば見ているだけで嬉しいだろう。

そろそろ最初の売買(ドル買ったやつ)から1時間が経つな。まあ最初の経験だし、今回はこの辺で決算しようか。

結果
ドル建て:116.78買い → 116.73売り
ユーロ建て:1.2827買い → 1.2825売り
損益:マイナス¥734

昼飯1回分くらいの損かな?後でリベンジだ!

でリベンジ結果
ドル建て:116.76買い → 116.73売り

・・・。

いかがでしょうか?下手ですね(笑)。これよりも上手く出来るというあなた!是非やってみましょう。

為替取引ならアリーナFX
posted by MUSIC at 02:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。